消したい背中ニキビ跡、黒ずみの治療法!背中にニキビ跡が残る理由はなんなの?

背中のニキビ跡が残る理由として挙げられるのが、黒ずみとも呼ばれる色素沈着です。炎症が起こった部位では、メラニン色素が生み出されてしまいます。その結果、メラニン色素が残ってしまい、ニキビ跡になってしまうということです。また、凸凹の陥没が出来てしまった背中ニキビで、重度の炎症が生じると、表皮の奥の真皮が傷ついてしまいます。

真皮が傷つくと、クレーターのように凸凹したニキビ跡が残ってしまい、クレーター・アクナスカーや瘢痕と呼ばれる状態になります。このクレーター・アクナスカーや瘢痕は、ニキビ跡の中でも特に治療しにくい事で知られています。特に怖いのは複数の毛穴が繋がってしまう毛包周囲瘢痕や炎症が広がった紫ニキビ跡は、きれいに治るまで時間がかかってしまいます!

その為、綺麗な状態の背中を取り戻すまでは、かなりの期間を要する事になるでしょう。

背中ニキビ跡の治療方法は?

背中のニキビ跡が、色素沈着によるものであれば、自宅でのセルフケアもオススメです。ビタミンCが配合されている化粧水でセルフケアを行っていけば、自然と色素沈着は薄くなります。
しかし、よりスピーディーに治療したいという方や、確実に綺麗にしたいという方は、専門医である皮膚科での治療をオススメします。

 

まず、色素沈着によるニキビ跡を治療する場合、色素沈着に効果を発揮してくれる、ハイドロキノンを処方してもらう事が出来ます。続いて、凸凹したニキビ跡は、フラクショナルCO2レーザーと呼ばれる、炭酸ガスをシャワー状に放射するレーザーでの治療がオススメです。フラクショナルCO2レーザーが、凸凹したニキビ跡に僅かな傷をつけると、周囲の皮膚全体が治癒しようと動き始めます。そうすると、凸凹したニキビ跡も綺麗に塞ぐ事が出来ます。

まず、色素沈着によるニキビ跡を治療する場合、色素沈着に効果を発揮してくれる、ハイドロキノンを処方してもらう事が出来ます。続いて、凸凹したニキビ跡は、フラクショナルCO2レーザーと呼ばれる、炭酸ガスをシャワー状に放射するレーザーでの治療がオススメです。フラクショナルCO2レーザーが、凸凹したニキビ跡に僅かな傷をつけると、周囲の皮膚全体が治癒しようと動き始めます。そうすると、凸凹したニキビ跡も綺麗に塞ぐ事が出来ます。

背中ニキビの予防も大事です

背中ニキビを予防する方法としてはまず、正しい入浴方法をマスターしましょう。シャンプーやリンスが背中の毛穴に残ってしまうと、背中ニキビに繋がってしまいます。そこで、顔を後ろに倒して髪を後ろに垂らした状態で、シャンプーやリンスを行うようにしましょう。(後ろに倒すのがきついようなら前に顔を倒してしてもOK.シャンプー後はしっかりとすすぐようにする!)

プラクネシャンプー後

また、洗う順番も髪、顔、身体といった順番を守る事によって、シャンプーやリンスが毛穴に残ったとしても、身体を洗う際に一緒に流す事が出来ます。さらに、入浴後は顔と同じように、ニキビケア用化粧水もしくはビタミンCを配合した化粧水でケアを行うと、背中ニキビの予防に効果的です。

プラクネ

何故なら背中の皮膚が乾燥しやすい状態にあると、皮脂が過剰に分泌されて、毛穴を詰まらせてしまい、背中ニキビに繋がるからです。そこで、乾燥対策としてしっかりと化粧水による保湿ケアを行うようにしましょう。スプレーボトルに化粧水を入れて、シュッと吹きかけるようにするだけでも、十分効果を発揮してくれます。

背中ニキビの化粧品を選ぶポイントは?

背中ニキビの化粧品を選ぶポイントとして挙げられるのが、保湿成分が配合されているかどうかです。保湿成分が配合されていない化粧品を使用してしまうと、有効成分が皮膚の水分と共に蒸発してしまう可能性があります。そうすれば、せっかく化粧品でケアをしても、意味がありません。

そこで、保湿成分が配合された、保湿力の高い化粧品を選ぶのがポイントです。また、保湿成分が配合されていても、肌への浸透力が弱ければ、効果も半減してしまいます。
その為、肌への浸透力に優れているかどうかというポイントも、背中ニキビの化粧品を選ぶ上で重要です。

さらに、肌への刺激が強いと、背中ニキビのケアどころか、逆にニキビを作る要因になりかねません。そうならない為にも、肌への負担の少ない、低刺激の化粧品を選ぶ事も、ポイントです。
これらのポイントを押さえていれば、背中ニキビ専用の化粧品ではない、顔用の化粧品であっても、安心して使う事が出来ます。

案件比較記事のリンク