最近のコメント

    背中ニキビ跡には、赤み型、色素沈着型、クレーター型、ケロイド型の大きく4つの種類に分かれます。赤み型は、ニキビ跡の種類としては、初期段階のため、進行していくと色素沈着を引き起こす可能性があります。赤み型の段階でケアをしておくことで、跡を残しにくくすることができます。

    クレーター型は、肌質によって違いがあり、肌に弾力がない人、皮膚の硬い人、アレルギー体質を持っており免疫反応による炎症の起こしやすい人などは、クレーター型の跡が残りやすいです。ケロイド型は、同じ場所で何度も炎症を起こすことで肌の深部までダメージを受けた状態です。

    背中ニキビのセルフケア方法

    セルフケア方法としては、赤み型の段階での発見することとケアを始めることが大切です。この段階であれば、ターンオーバーを促すこと、抗酸化ケアを心がけることなどを中心にケアする方法が有効とされています。色素沈着まで進んでしまった場合でも、早めの対処が大切です。

    赤み型のケアと同じようにターンオーバーを促すだけでなく、紫外線対策も重要になります。紫外線を多く浴びることで、皮膚を紫外線から守るために大量にメラニン色素が発生します。発生したメラニン色素がターンオーバーしきれない場合、沈着してしまい、茶色のシミとして肌の内部に定着してしまいます。

    クレーター型やケロイド型は、どちらも皮膚の深い部分までダメージを追った状態となっており、セルフケアだけでは綺麗に治すことが難しいため、早めに専門家に相談することです。

    背中ニキビ跡の予防法

    背中のニキビ跡の予防法としては、背中ニキビを作らない、背中ニキビができても悪化させないことが大切です。背中ニキビを作らないためには、背中を清潔にすること、偏った食生活や乱れた生活習慣を見直すこと、ストレスを溜めないことなどがあります。

    髪が長い場合は、シャンプーやリンスのすすぎ残し、整髪剤などの付着が原因で背中ニキビができることがあります。背中には、皮脂腺が集中しているため、汗をかきやすい夏だけでなく、服を着こむ冬でも清潔に保てるように心がけます。

    予防法としては、化粧水などを使った毎日のケアも効果的です。顔のケアと同じように、背中にも化粧水を染み込ませます。すでにニキビができている場合には、悪化してしまうこともあるため、優しくケアするようになります。また、背中が直接触れる部屋着やパジャマなどが不衛生のままでは、ケアを行っても効果があらわれないため、部屋着やパジャマは、こまめに洗濯することです。

    おすすめの記事