頭皮ニキビと脂漏性皮膚炎の違いは?

頭皮ニキビの特徴

顔と同じように頭皮にニキビが出来ることが頭皮ニキビです。なぜ頭皮にニキビが出来てしまうのかというと、毛穴に古くなった角質や過剰に分泌された皮脂が詰まり、それを餌にアクネ菌が繁殖してしまうために炎症が起きているからです。

頭皮は皮脂の分泌が特に多い箇所ですし、髪の毛のせいで頭を洗っても汚れが残ってしまう事が多いので、気をつけないと頭皮ニキビが直ぐにできてしまいます。

炎症によって膿が溜まってしまうと、量によっては吸収されることもありますが、白く膨らんだ状態になります。膿がたまった状態では少し触ったとしても痛みが出てくるし、力を入れて潰すと周辺の組織が壊れてしまいその部分では髪の毛が生えなくなります。

脂漏性皮膚炎の特徴

脂漏性皮膚炎は皮脂が過剰に分泌されることで、皮脂を餌とする真菌の一種マラセチア菌が繁殖してしまってしまい炎症が起きている状態です。炎症が起きている頭皮では、かさぶたのようなフケが出来やすくなり、ちょっとしたはずみで剥がれ落ちます。

炎症がさらに進むと、黄色い膿が出てきます。頭皮ニキビもまた炎症によって膿が出てきますが脂漏性皮膚炎と違って白い膿なので区別をつける事が可能です。

皮脂とマラセチア菌が原因ですから、肌が乾燥している乾燥肌の場合は無縁のように思えますが、乾燥肌は肌のバリア機能が弱まっているのでマラセチア菌が繁殖しやすい環境です。そのために皮脂や頭皮の保湿のためにつかっているスキンケア用品などを餌に炎症が起きやすくなります。

頭皮ニキビの治し方

頭皮ニキビの原因は毛穴に詰まった皮脂を餌とするアクネ菌です。ですから治すためには、アクネ菌の繁殖を防ぐための抗生物質を使うことが効果的です。抗生物質は頭皮ニキビが出来ている箇所に塗る外用薬と内服薬があります。

それと同時に毛穴の詰まりをなくすためにも、アミノ酸など頭皮環境を改善する成分が配合された低刺激のシャンプーで清潔な状態を保ちましょう。加えて皮脂の過剰分泌を招く自律神経の乱れを防ぐために、睡眠や食事などを見直して健康な状態を保てるようにします。

頭皮ニキビは膿が溜まっている部分を潰せば早く治ると思っている人もいますが、膿を潰すと周辺の組織が壊れてしまい髪の毛の育成が阻害されたり、色素沈着などがおきるのなるべく触らないよう気心がけることです。

脂漏性皮膚炎の治し方

脂漏性皮膚炎は真菌であるマラセチア菌が皮脂を餌としていることが原因なので、抗真菌薬を投与することが早く治療できる方法です。それと同時に炎症を抑えるためのステロイドが使われます。ただし、ステロイドには副作用があり免疫力を低下させるので長期的に使用をすると危険です。

炎症が起きているときには、激しいかゆみを伴うこともあるので抗ヒスタミン薬で対処することもあります。

薬だけでなく入浴時には皮脂を適度に洗い流し、食事の内容を気をつけることも早く治すためには必要です。皮脂の分泌を抑えるためにも、フライなど脂っこい食べ物はなるべくされるにしておきます。そして皮脂の分泌量に関わる栄養素であるビタミンを積極的に摂取するようにしましょう。

案件比較記事のリンク