引越しをした際の思い出や準備

引越し業者さんからたくさん段ボールを貰ったのですが、引越しは案外荷物が多いので、途中で段ボールが足りなくなってしまい業者さんへ電話して届けてもらいました。

最近の引越し業者は昔よりもサービスが良い気がしますし、オプションプランを利用すればお金はかかりますが不用品の処理を快く引き受けてくれたり、しんどい荷造りを業者の人が行ってくれたりするので、高齢の人も安心だと思います。
私は長年住んできた家から引っ越したこともあり、テレビや机やオーディオや本棚などたくさんの不用品があって自分自身でゴミ出しをするのが大変だったので、引越し業者さんに不用品を引き取ってもらうことでゴミ捨てを解決しました。

引越しをする際には結構たくさんゴミが出ることが多いなと感じました。
特に私のように物の整理が苦手で普段から整理整頓が上手くいかない人は、引越しの準備をすると荷物の多さに驚いたり、困ることもあるかもしれません。

私は引越しを機に、古い雑誌や全く聞いていない大量のCDや見てないにもかかわらず取りだめている大量のDVDを処理しました。
引越しをする時の準備は、ただ単に荷物をまとめるだけではなく、家の不用品を処分する良い機会にもなると思います。

照明器具はどこだー!?

主人の転勤に伴って、引越しをすることになりました。
たくさんのダンボールにたくさんの荷物を詰め込みました。

そして、最後に詰めたもの、それは天井についていた照明器具でした。
さて、いざ引越し当日のことです。

運悪く雨が降るなかでの引越し作業でした。
作業員4名でどんどんダンボールが積まれていきます。

ダンボールを解体しながら、照明器具も少しずつ出てきます。
6つでたところで、ダンボールが終わってしまいました。

本当は7つあるはず。
作業員は必死です。

トラックを探し、他のダンボールも探し、見つかりません。
愛知から福岡への引越しだったので、引越し前と後の作業員が違ったこともあり、わけがわからない様子。

その後、愛知の担当者が引越し前の家へチェックしにいってくれたり、引越し後に全てのダンボールをだしてみたり。
引越し業者さんは他のトラックを探したり、作業員に聞いてみたり。

結局見つからなかったので、業者持ちで新しく照明器具を購入してくれて(もちろん私が選んで)ちょっと新しくなってラッキーと思ったころ、2週間後に連絡があり、「ありましたー!」とのこと。
なんと、廃棄用のプチプチに囲まれてゴミに紛れていたようです。

プチプチで梱包されたままだったので、なんの問題もありませんでした。
ケチな私だったので、そのままもらって、もともと買い足さなければならなかったので使用しています。

こんなこともあるんだなあ、と感じた出来事でした。

親戚の引越しの手伝いに行ったはいいけれど

私が嫁いだ先は、親戚付き合いの深い家でした。
何かにつけて、親戚中が集まるのが風習の家系だったのです。

そんな時、主人の従兄が結婚して、2LDKのアパートに引越しをすることになったのです。
さあ、大変です。

いつも集まっている総勢15人以上の親戚が、一斉にその引越しのお手伝いに行くのです。
2LDKのアパートにです!当日は、引越し業者の人も合わせて、16人。

その16人で引越しの手伝いをするのですが、どう考えても、そんなに人は必要ありません。
正直、そんなに広くないアパートに入る事すら困難な状況でした。

その上、どんどん引越し業者の人が運び入れる家具や段ボールで、部屋中はいっぱいです。
段ボールの整理を手伝おうにも、勝手に段ボールをあける事もできませんし、やはり、片づけは、本人がしないと明日から、困ることになりかねません。

結局、私たち夫婦は、途中で帰る事にしました。
引越しは、大変で、手伝ってもらう人がいれば、助かるとは思います。

しかし、適切な人数と言うものがあるとつくづく思いました。

大きな買い物と言われる自宅の購入

一生で一番大きな買い物と言われる自宅の購入ですが、そうして買って大切に使っていても、経年劣化は避けられません。
余りに古く、状態も悪くなってきたらリフォームをして気分を刷新したい所です。

私自身、リフォームをした事があるのですが、その時にはリフォーム業者の選定で苦労しました。
自宅内に入れるのですから、やはり信頼できる相手でないといけませんし、また仕事も納期と売りに完了させて欲しいのは言うまでもありません。

私の場合は、親戚が以前に利用した事がある業者を紹介してもらいました。
しかし、お金持ちの知人の場合、遠方にある実家が地元の業者を知人宅に派遣し、そこでリフォームを行わせていました。

わざわざ業者を遠方から派遣すると言う事は、彼らの宿泊費なども余分に負担しなくてはいけないと言う事です。
と言う事は、その分リフォーム代も高くなるのですが、やはり信頼のおける相手が良いと言う事なのでしょうね。

その点、出し惜しみをしていませんでした。