引越しのチップについて

引越しを経験したことがある方は、業者の人にチップを渡したことがあるのではないでしょうか?チップの文化は日本では欧米などに比べると広がっていませんが、引越し業者に対するチップは昔から渡されることが多かったと言われています。
ただ、「費用を支払っているのにチップも払わなきゃいけないの?」と思われる方も少なくないでしょう。
実際、引越しの費用は支払っている分が全てですから、払いたくなければチップを無理に払う必要はありません。
チップというのは、日本においてはあくまで気持ちのようなものだからです。
チップを払わないけれど、感謝の気持ちを伝えたいという方は、飲み物を渡してあげることがオススメです。
引越し作業は非常に厳しい肉体労働ですから、休憩の合間に飲み物を渡してあげれば基本的に喜んでもらえます。
また、チップを支払うという場合には、お昼の休憩前または作業の終了前に渡すことがベストです。
渡し方としては、「ご飯代の足しに使ってください」と伝えるとよいでしょう。