引越しをすると道に迷ってしまいます

2 7月, 2014 (03:40) | 急ぎの引越し | By: YKvBPQCo

引越しカッター
仕事の理由でよく引越しをします。
簡単に言うと転勤族ですね。

転勤族をしていると会社が引越し費用を出してくれますが、慣れない環境において様々な障害にぶつかることもあります。
日本は均一社会とも言われているくらいであり、どのエリアにおいても大体しきたりや商業施設の利用方法が同じなため、海外の引越し族ではなくて良かったと感じています。

不便だな、と思いますのが会社までの道のりやコンビニやスーパーの場所を覚える事ですかね。
現在はスマートフォンで地図が検索でき便利ですが、金融機関やスーパーに行きたいと思っても場所が分からなかったり、行けたのは良いものの自宅までの帰り道が分からなくなってしまったり、少し近道をして帰ろうと思ったら迷子になったりします。

引越しをする前に周囲の商業施設もしっかりとチェックし、できれば地図がいつでも検索できるネット料金定額のスマホを持っておいた方が良いです。
私もスマホを持ってからは引越しが怖くなくなりました。

仕事などで沢山引越しする私は、いつも安いところを探しています。
おすすめサイト>引越しで安いところを探すなら
ここでたくさんの業者から見積りをとれるだけありがたいものです。

引越は梱包を上手にしておくこと

引越しハサミ
スムーズな引越は、その準備からしっかりとしておくことによって実現します。
当日いきなりぶっつけで行おうとしてもできませんし、友人知人に手伝ってもらうならば尚更準備を欠かさないようにしましょう。

では、引越し時に出来る準備にはどのようなものがあるのでしょうか。
やはり、引越し時に梱包をしっかりとしておくことは重要です。

梱包がしっかりとできていないと途中で崩れてしまうかもしれませんし、それで引越全体に影響が出るかもしれません。
また、何がどれに入っているのかが一目でわからないと、引越作業の混乱を招いてしまうでしょう。

そのため、梱包はひとつひとつ丁寧に、且つ何が入っているのかを明確にすることを心がけるのです。
特に難しいことではありませんし、これをしておくのとしていないのでは大きな差があります。

引越し作業に移る前には、必ずこの作業をしておきましょう。
特に一目で分かるようにすることは、引越し後にも役に立つはずです。

引っ越しで嬉しかった「去り際の善意

10 7月, 2014 (16:33) | 急ぎの引越し | By: YKvBPQCo

引っ越しで嬉しかった「去り際の善意
現在住んでいる部屋に引っ越しをする際に「喜ばれたこと」なのですが、以前に住んでいた計量鉄骨のアパートの部屋は1階で、オーナーさんがそのアパートの1階の一番大きい部屋に住んでいました。
しかし、アパート自体が建築されて10年以上経っているせいもあって、外壁があまりに汚く、入り口のドアやインターホンもホコリだらけ。
2年ほどしか住んでいなかったのですが、2年間はお世話になったので、引っ越しをする際の大掃除で、自分の部屋の近くのドアや外壁を「高圧熱水洗浄機」で掃除をしていました。
するとそのアパートのオーナーさんがやってきて、「掃除する人がおらんからね~ありがとう」と言ってくれて、大変うれしかったのを覚えています。
そのあとも、その掃除の勢いで、共通の通路を掃除したり、自転車置き場を掃除したりしていました。
「誰も見ていないだろうな~」と思っていたんですが、見ている人はちゃんと見てくれているんですね。
今でも、時折その部屋の近くを通ることがありますが、以前よりは徹底して掃除をしているみたいで、きれいな状態が保たれていました。
引っ越しの時の掃除って、「忙しいし、どうせ清掃業者が入るから適当でいいや」となりがちですが、去り際が一番大事だったりします。
ぜひ、今度引っ越しをするときは、「一番汚いところ」を率先してきれいに掃除をしてみてはいかがでしょうか。

モノが多い人のお引越しについて

17 6月, 2014 (16:33) | 急ぎの引越し | By: YKvBPQCo

モノが多い人のお引越しについて
作家の中村うさぎさんが広尾だか新宿だかに引っ越したあと、40箱分くらいのダンボールが中身を開けないまま部屋に積んである、というのを文春の連載か何かで読んだ覚えがあります。
ネットで中村さんのお部屋の画像が出ていたので見てみたのですが、ものすごくモノが多いお部屋でした。
通常、引っ越し後、数か月開けないままのダンボールというのは、中身は不要なものだらけではないか、と感じるけれども中村さんの場合はほとんどがブランド品です。
その中にはシャネルのバッグや、プラダのキャミソールや、ドルカバのアクセサリーがみっちりと詰まっているはずです。
人によっては宝の山だと思うのですが、中村さんは開封すらしないのです。
というか、本人的には買ったことすら覚えていないようでした。
ダンボールの他にも部屋のなかにはブランド品のショッパーが開封されずに、買ったときの状態で所狭しと置かれていました。
空間が、ありとあらゆるモノで満ちていました。
作家さんやエッセイストの方は、書ける環境にするために気分転換に引っ越しをする、という方もたまにおられます。
中村さんにとっての引っ越しもまた、そういうものなのかな、という気がしました。
ただ、荷物が多ければ多いほど、引っ越しをするのは大変だろうなあ、と彼女を見ていると感じますね。

急な引っ越しをすることになって

17 6月, 2014 (16:33) | 急ぎの引越し | By:

急な引っ越しをすることになって
仕事の関係で急に引っ越しをすることになってしまって、諸々の準備をするのがすごく大変だった。
本当は相見積もりをして業者も決めたかったけれど、そんな悠長なことをいっている時間もなかったのでとりあえず良さそうな所に連絡。
すぐに見積もりをしてもらって段ボールを持ってきてもらって、あわてて荷造りをした。
見積もりの際は「時間がないので御社だけに見積もりにきてもらったんですよ!でも高かったらすぐに他社に頼みます!時間がないので!」と言って粘って粘って値下げしてもらったので良かったのだけれど、その引っ越し会社を選んだ一番の理由が他にあった。
それは、ベッドを別料金で引き取ってもらえること。
丁度ベッドの脚がぐらついてきていて、これをきっかけに処分してもらおうと思って引き取りも行っている業者を調べて選んだ。
しかし、見積もりの段階で「そのサービスは終了してしまったんですよねー」と言われてしまい、その件も値下げ交渉で大いに使わせてもらった。
しょうがないから急いで家具の引き取り業者を探して、引っ越し当日に引き取ってもらった。
引っ越し決定から引っ越すまで2週間弱、今思い返してもあんなに時間のない引っ越しはしたくなかったなと思う。

照明器具はどこだー!?

16 6月, 2014 (13:04) | 引っ越し | By: YKvBPQCo

主人の転勤に伴って、引越しをすることになりました。
たくさんのダンボールにたくさんの荷物を詰め込みました。

そして、最後に詰めたもの、それは天井についていた照明器具でした。
さて、いざ引越し当日のことです。

運悪く雨が降るなかでの引越し作業でした。
作業員4名でどんどんダンボールが積まれていきます。

ダンボールを解体しながら、照明器具も少しずつ出てきます。
6つでたところで、ダンボールが終わってしまいました。

本当は7つあるはず。
作業員は必死です。

トラックを探し、他のダンボールも探し、見つかりません。
愛知から福岡への引越しだったので、引越し前と後の作業員が違ったこともあり、わけがわからない様子。

その後、愛知の担当者が引越し前の家へチェックしにいってくれたり、引越し後に全てのダンボールをだしてみたり。
引越し業者さんは他のトラックを探したり、作業員に聞いてみたり。

結局見つからなかったので、業者持ちで新しく照明器具を購入してくれて(もちろん私が選んで)ちょっと新しくなってラッキーと思ったころ、2週間後に連絡があり、「ありましたー!」とのこと。
なんと、廃棄用のプチプチに囲まれてゴミに紛れていたようです。

プチプチで梱包されたままだったので、なんの問題もありませんでした。
ケチな私だったので、そのままもらって、もともと買い足さなければならなかったので使用しています。

こんなこともあるんだなあ、と感じた出来事でした。